IT関連・その他のニュースについて,考察したいかな?
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
本当ですか?デジカメで撮った写真が月60枚も無料プリントできるって!!
2007-02-05 Mon 21:00
本当ですか?デジカメで撮った写真が月60枚も無料プリントできるって!!

どうやらPriea(プリア)っていうサービスを利用すると可能なようです.
Priea(プリア)
https://ssl.priea.jp/

何で無料やねん?って言う問いに対する回答は以下

「テレビ番組にCMが流れるように、Prieaの写真には、スポンサー企業から新商品のご案内やクーポン、プレゼントなどのお得で楽しい広告をプリントしご自宅までお届けします。広告収入により運営しておりますので、ご利用のお客様より料金をいただくことはありません。」

なるほど,広告で成り立ってるわけだ!!!(と,全然気付いてなかったフリをしてみたりする)

Priea(プリア)が提供するサービスは,写真のプリント・無料ネットアルバム(とその共有サービス)となる.
登録時に“詳細な個人情報(配偶者の有無,子供の有無,同居人数,居住形態,世帯年収等)”と“趣味趣向”の登録が必要.まあ,広告を掲載する側にとっても,配布するユーザーに的を絞れるようにしたいってことですね.
ちなみに,登録データとしてフリーメールアドレス(Yahoo!メール,Hotmail,Gmail等)は使用できないので注意!!まあ,何か問題が起きたときにメルアドから本人を特定したいってことになるのかね~.写真を撮る機会に無い私にとっては縁が少ないサービスでもあるので今回の登録は見送りました.何かプリントしたい写真が出来たら登録したいと思います.もしどなたか登録されましたら,フィードバック期待してます.では

Priea(プリア)
https://ssl.priea.jp/
スポンサーサイト
別窓 | web2.0 | コメント:0 | トラックバック:0
デザインカプチーノ
2007-02-05 Mon 00:08
暇があったので,デザインカプチーノを作ってみることにした.

coffee_art.jpg


なかなかの出来でしょ?
必要なものは以下↓

デザインカプチーノの続きを読む
別窓 | web2.0 | コメント:0 | トラックバック:0
これからメジャーになるかもしれないサービスのアカウントをGETせよ
2006-11-09 Thu 02:35
「髪を抜く」もとい,
「mixiを抜く」と豪語する孫社長.どうやら,MySpace(世界大手SNS)と提携して,「MySpace」の日本版展開する模様.
『サイトデザインを比較的自由にカスタマイズできるほか、動画や音楽などリッチコンテンツを手軽に公開できるのが特徴。』ということなので,“mixi”の単調さに飽き飽きしている方には朗報かもしれない.
詳しくは,ITmedia News:「mixiを抜く」と孫社長 MySpace日本版の武器は「音楽」

でも,「簡単に乗り換えるなんてできやしない」ってのがSNS.SNS上で築いた環境をそのまま以降できるなら話は別だが……

これからメジャーになるかもしれないサービスのアカウントをGETせよの続きを読む
別窓 | web2.0 | コメント:0 | トラックバック:0
ITって怖い!!!!!!!!!
2006-11-07 Tue 11:50
ITって怖い!!!!!!!!!


って思ったのは下記のリンク
ITで最も恐ろしいこと――ワースト13 (http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0611/01/news115.html

特に1位のネタなんて,本当に萎えてしまいます.

そういえば,インターン当初に社員さんから聞いた話でこんなのがあったのをふと思い出した.
「nabe君は,まさかIT業界が華やかのものだと思ってないよね?」
思ってないけど,そんなわざわざ…(~ヘ~;) ウーン

それはさておき,mixiやられている方,例の“透明人間”の件大丈夫でしたか??
危うくこのブログで紹介しそうになったいうのはさておき(冗談ですよ),『修正法と称して、コマンドプロンプトからCドライブをフォーマットする方法や、ドライブ内の全ファイルを削除する方法などを紹介する悪質な書き込…』(参照:“ITmedia News:「mixiの裏技」でパニック バグ悪用でデマ出回る)ってどうなのよ?mixiってサーバ上じゃなくて,ローカルで動いてたの??もしくは,ログインユーザーの情報はクッキーで取得なの??

でも,そんなデマ情報でも“非透明人間”に戻りたいがために実行した人いるんだろうなぁ.
まあ,はまっちゃった人はともかく,やはり悪いのはデマ情報を流したひとですね.なんか,やっぱり「Web2.0で想定される”総表現者社会”」は結局のところ「”衆愚”の発生」を防ぐことはできないのかな.
別窓 | web2.0 | コメント:0 | トラックバック:0
| Input before Output |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。